全2340文字
PR

 電気自動車(EV)モーターの王者を狙う日本電産会長兼最高経営責任者(CEO)の永守重信氏が、また新たに「攻めの一手」を打った(図1)。歯車(ギア)を造る工作機械を開発する三菱重工工作機械(滋賀県栗東市)を買収し、手中に収める。

図1 日本電産会長の永守重信氏
図1 日本電産会長の永守重信氏
歯車工作機械メーカーの買収という新たな攻めの一手を見せた。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本電産は2021年2月5日、三菱重工業から三菱重工工作機械の株式を取得したと発表した(図2)。その他、工作機械事業を専業とする海外子会社3社の三菱重工グループが保有する株式の全持ち分を譲受。海外子会社9社が手掛ける工作機械事業も譲受する。両社は21年5月をめどに株式譲渡手続きを完了予定だ。

(a)
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 日本電産と三菱重工業のプレスリリース
(出所:aは日本電産、bは三菱重工業)

 日本電産は同日付のプレスリリースで、三菱重工工作機械の株式取得の理由について、「当社グループに工作機械事業を迎えることで当社グループの既存事業との相互補完が強化」されると説明。その中でも特に、電気自動車(EV)の主要部品である電動アクスル*1の拡販に当たって、「中核部品の1つである歯車の強化が必要不可欠」との見解を示した。その上で、三菱重工工作機械の株式取得は、「三菱重工工作機械の歯車に精通した人材および高度な技術力を獲得できるという、当社グループのEV戦略にも合致した重要な取り組み」となるとしている。

*1 電動アクスル
モーターとインバータ、減速機を一体にした電気自動車(EV)用トラクションユニット。