全4049文字
PR

 リコール総数が1000万台に拡大─。デンソーの欠陥燃料ポンプが自動車メーカーに与える影響が甚大な域に達した。当該ポンプの品質不具合が原因のリコールは、世界で合計1013万台にまで積み上がった。

 品質不具合の原因は、低圧燃料ポンプの樹脂製インペラにある。このインペラが燃料であるガソリンを含んで膨潤し、ポンプケースと接触して作動不良を起こす。最悪の場合、走行中にエンジンが停止する恐れがある(図1)。

図1 品質問題を抱えたデンソー製燃料ポンプ
図1 品質問題を抱えたデンソー製燃料ポンプ
樹脂製インペラが燃料(ガソリン)を含んで膨潤し、ポンプケースと接触して作動不良を起こす品質不具合が発覚した。最悪の場合、走行中にエンジンが停止する可能性がある。(国土交通省の資料を基に日経ものづくりが作成、クルマの写真:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年3月末には、ホンダが世界で約134万台のリコールを決定。このリコールの原因もデンソー製燃料ポンプだった。最も多いのは米国の62万8124台。「Accord」「Acura RDX」「Civic Hatchback」「CR-V」「Fit」など19車種にわたる。日本では「CR-V」「インサイト」「LEGEND」など4車種で1万9430台のリコールを届け出た。

 問題が一向に収束せず、過去にない規模のリコールに拡大しているのを受け、トヨタ自動車やデンソーのOBからは、デンソーに向けて叱咤(しった)激励を超えた厳しい言葉が飛ぶ。

 「トヨタの1年分の販売台数が丸ごとリコールになる量。異常な事態と言わざるを得ない」「数十万台でも大変なのに、1000万台を超えるのは想像すらできない」「『品質のデンソー』とまで言われていたのに、一体何をしているのか」「トップをはじめ、今のデンソーに危機感はあるのか」─といった具合だ。