全2600文字
PR

 カシオ計算機が2021年4月23日に発売した腕時計「G-SHOCK」の新製品「GMW-B5000TR」には、同社が日本製鉄と6年かけて開発した新素材が使われている(図1)。「鏡面仕上げが可能なチタン合金」だ。軽さや耐食性などに優れたチタン(Ti)。これまでもTiを採用したG-SHOCKはあったが、コストや加工性の問題から、使っていたのはもっぱら純Ti(Ti含有率99%以上)だった。しかし、純Tiは鏡面に仕上げるのが難しい。鏡面仕上げで高級感を演出したい開発陣は歯がゆい思いをしていたという。

図1 新チタン合金を使ったG-SHOCKの新製品「GMW-B5000TR」
図1 新チタン合金を使ったG-SHOCKの新製品「GMW-B5000TR」
ベゼルとバントで使用したチタン合金は、高い鏡面性で仕上げられるのが最大の特徴。(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]