全4363文字
PR

 2021年10月20~23日、工作機械の展示会「メカトロテック ジャパン2021」(MECT2021、ポートメッセなごや)が開催された*1。工場の人手不足を背景に、工作機械メーカーは前回(19年)にも増して自動化を強く打ち出していた。

*1 同展示会は、2020年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止したため、2年振りの開催となった。

 中でも多かったのがロボットを活用した自動化だ。例えば、オークマは、工作機械と多関節ロボットを一体化させた複合加工機「MULTUS B250II ARMROID」を“一押し"製品として出展した(図1)。「使い勝手の良さから受注が増えている。中小企業にも売れている」(同社)という。

[画像のクリックで拡大表示]
図1 オークマの複合加工機「MULTUS B250II ARMROID」
[画像のクリックで拡大表示]
図1 オークマの複合加工機「MULTUS B250II ARMROID」
本体は旋盤ベースの5軸複合加工機(a)。(b)は「ARMROID A201」がメイン主軸にワークを付けているところ。ワークの搬送とメイン主軸への着脱のほか、加工室内の洗浄もこなす。(写真:日経ものづくり)

 旋盤ベースの5軸複合加工機の本体内部に、自社開発した4軸多関節ロボット「ARMROID A201」を組み込んだもので、ロボットがワークの搬送/搬入およびメイン主軸への着脱を行う。ワークを把持するハンドをノズルに付け替えれば、加工室内の洗浄もできる。

 同社ブースではこれに可動式ワークストッカーを組み合わせていた。同ストッカーは、ワークを用意したり、工作機械側に供給したりする装置で、工作機械本体正面に配置する。ワークの形状に応じて4種類の可動式ワークストッカーを用意した。

 同ワークストッカーに置いたワークをロボットがつかみ、メイン主軸に着脱することで加工工程を自動化する。同ストッカーは可動式のため、必要に応じて工作機械本体の加工室のドアから横にずらせば、作業者による作業も可能となる。昼間は作業者が作業し、夜間は自動化による無人運転を行うといった使い方ができる。