全2262文字
PR

 日経クロステックは、米Apple(アップル)が2021年10月に発売した新型ノートパソコン「MacBook Pro」を分解し、専門家の立ち会いのもと、熱設計に関する分析を試みた。対象は、新型プロセッサー「M1 Max」を搭載した16インチモデル(図1)。見えてきたのは、きょう体表面からの自然空冷や冷却ファンによる強制空冷の他、ユーザーに熱さやファンノイズを感じさせない絶妙な構造である。

図1 MacBook Pro
図1 MacBook Pro
Apple Siliconの新プロセッサー「M1 Max」を搭載する16インチモデル。きょう体はアルミニウム合金のダイカスト製品とみられる。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 「排気口に手を当てても風を感じない。耳を近づけて音を聞かないと、冷却ファンが回っているのか気付けないぐらいだ」─。ベンチマークソフトを実行中のMacBook Proを目の前にして、熱設計に詳しい技術者たちは驚きの表情を浮かべた。