全3080文字
PR

 その名も「サクラ」─。日産自動車が2022年5月20日、新型軽電気自動車(EV)を本社(横浜市)で発表した(図1、2)。搭載した2次電池(以下、電池)の容量は20kWhで、満充電時の航続距離は約180km(WLTCモード)。価格は200万円を超えており、軽自動車としては高額だ。それでも、EVとしてはかなり思い切った価格に抑えている。果たして、ヒット車種となるか。

図1 新軽EV「サクラ」
図1 新軽EV「サクラ」
20kWhの電池を搭載し、満充電すると約180km走る。(写真:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 サクラの外観
図2 サクラの外観
(写真:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

 軽エンジン車と比べた場合に目を引く利便性が、「自宅で充電」できる点だ。特に、日本の地方ではガソリンスタンドの廃業が相次いでおり、自宅から最寄りの給油所まで10km以上離れているというケースが増えている。スマートフォンと同様に自宅でクルマに充電できれば、給油のためにわざわざ出掛ける必要がない。

 ただし、価格は233万3100円(税込み)からと、軽エンジン車と比べるとかなり高い。日産自動車では軽エンジン車「デイズ」の上級グレード「ハイウェイスター」の販売比率が高く、売れ筋の価格は150万円前後だという。これと比較すると、差額は80万円以上となる。

この価格で十分な利益は出るか

 この点に対し、日産自動車は補助金の活用をアピールする。国の補助金は55万円で、これとは別に補助金を用意する自治体もある。例えば、東京都の補助金は45万円で、再生可能エネルギーの電力メニューを契約する条件を満たせば60万円に増える。これらを活用すると、55万~115万円の補助金分を引けるため、実質購入価格は118万~178万円となる。売れ筋の軽エンジン車よりも安価に軽EVが手に入る場合もあるというわけだ。

 では、この価格で日産自動車は十分な利益を得られるのか。利幅の薄い無理をした価格設定ではないかと同社の開発設計者(以下、日産の開発設計者)にぶつけたところ、「開発面ではきちんと(コストを)積み上げて造っており、利益は出る」という回答だった。コストを抑えるために、EV「リーフ」やデイズの「既存技術や部品を流用して開発費を極力抑えた」(日産の開発設計者)と言う。例えば、電池はリーフのものを、プラットフォームはデイズのものを流用している。