全3510文字
PR

 日野自動車の品質不正がさらに拡大した。2022年8月22日、同社は小型トラックに搭載するエンジンの認証申請で不正があったと発表。対象車両は、公表済みの56万台超から約64万台となった。同社は同日、不正の対象車種の出荷を停止。国内市場向けのほぼ全ての車種で出荷停止する異例の事態に陥った。

 新たな不正は、同月3日から日野自への立ち入り検査を実施している国土交通省の指摘で判明した。同社社長の小木曽聡氏は会見で「特別調査委員会による調査後に新たに不正が判明したのは、重大かつ深刻な問題。弁解の余地もない」と述べた(図1

図1 日野自社長の小木曽聡氏
図1 日野自社長の小木曽聡氏
同社は2022年8月22日にオンラインで緊急会見を開いた。(出所:会見の様子を日経クロステックがキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 不正対象のエンジンは、小型エンジン「N04C」のうち排ガス処理装置に「HC-SCR」を使う機種。排ガス性能を測る劣化耐久試験で、測定回数が規定数を満たしていなかった。

 日野自は原因について、関連法規への理解不足や規定・標準の不備、認証プロセスが適正かを確認する仕組みの不備としている。小木曽氏によると「試験の担当者は誤った試験と認識していなかった」という。

 ただ、日野自が同月2日に公表した特別調査委員会による調査結果では、同エンジンの排ガス性能の認証プロセスへの指摘はなかったとしていた。同社はこの点について「我々が試験の誤りを認識しておらず、特別調査委員会に適切なデータを提供できていなかった」(同社取締役・専務役員の中根健人氏)と説明した。