全2550文字
PR

 ソニーグループ(ソニーG)が独自の生産技術を活用し、製品力強化やコスト削減を進めている。エレクトロニクス事業会社のソニーでは、自社開発の測定器を使うことで、カメラ用レンズの高品質生産を実現した。要素技術と生産技術の両輪で製品力に磨きをかけている。

自動化で「匠の技」を超えた

 ソニーのデジタル一眼カメラ「α(アルファ)」用の交換レンズブランド「Gマスター」は、同社が誇る主力製品だ(図1)。高い解像性能を持ち、2016年の発売以降、カメラ記者クラブ主催の「カメラグランプリ」で複数回レンズ賞を獲得している。

図1 ソニーの交換レンズブランド「Gマスター」
図1 ソニーの交換レンズブランド「Gマスター」
左上は製品、右下はレンズの構成例。(出所:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]

 後発のソニーが高い競争力を持つ背景には、高い微細加工技術に加えて、レンズの光学性能を高める独自の光学測定技術がある。そこから得られるデータを活用して各レンズの位置や距離、角度を微調整することで光学収差(焦点のばらつきなど)を抑えたことが大きく貢献した。