全3340文字
PR

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2022年10月18日、文部科学省・宇宙開発利用部会に、同年10月12日に発生した「イプシロン」ロケット6号機打ち上げ失敗に関する事故調査の中間報告を提出した(図1)。イプシロン6号機はロケット第2段の燃焼終了後、第3段分離と点火前の姿勢制御がうまくいかなかったため、地上から指令破壊コマンドを送信して飛行を中断し、打ち上げが失敗に終わったと判明した。

図1 打ち上げ直後のイプシロン6号機
図1 打ち上げ直後のイプシロン6号機
(出所:JAXAの中継よりキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 中間報告によると、第2段に搭載している小推力の液体ロケットエンジンを使った姿勢制御系「RCS(Reaction Control System)」の配管末端の圧力が、規定通りに上昇していなかった。つまりRCSに推進剤が流れなかったのだ(図2)。

図2 第2段の姿勢制御の概要と発生した姿勢の誤差
図2 第2段の姿勢制御の概要と発生した姿勢の誤差
イプシロン6号機が送ってきたテレメトリー情報を解析したところ、スピンモーター点火時点で、機体姿勢が正しい方向から21°もずれていた。(出所:JAXA)
[画像のクリックで拡大表示]

 そのため第3段点火に向けたRCSによる姿勢制御が正常に行われず、ロケットの姿勢が崩れた。姿勢が崩れて第3段の正常な飛行が不可能になったことから、指令破壊コマンドの送信による飛行中断に至った。

 RCSに推進剤が流れなかった点について、JAXAは以下の3つの可能性があるとの見解を示した。[1]RCSの配管系に安全のために組み込んだ火薬で動作させるバルブ「パイロ弁」が故障して開かなかった、[2]パイロ弁を動作させる電気系の配線に問題があった、[3]配管自体が何らかの理由で閉塞していた─。