PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
「日経ものづくり」2018年5月号のレポート「三菱マテが品質データ偽装で最終報告、背景に不十分な人員投入・設備投資も」を先行公開した記事です。

 三菱マテリアルは2018年3月28日、グループ会社で発生した品質データ偽装問題に関して、特別調査委員会による最終報告書および、グループのガバナンス体制強化策などを公表した()。

図 三菱マテリアルが記者会見
図 三菱マテリアルが記者会見
三菱マテリアルは2018年3月28日、グループ会社が行った品質データ偽装に関する最終報告書を公表した。
[画像のクリックで拡大表示]

 報告書は、三菱マテリアルの経営陣が品質データ偽装を早期に発見し、是正できなかった点について「スピード感に欠ける」「強い危機意識を持って再発防止に努めるべき」と指摘した。