全986文字

 ドイツ・ボッシュ(Bosch)の日本法人は2020年内に建設機械などの位置や稼働状態をIoT(Internet of Things)で監視するサービスを市場に投入する計画だ。センサーを内蔵しない建設機械や資材に「TRACI(トラシ)」と呼ぶIoTセンサー(タグ)を後付けして、異なるメーカーの建設機械や資材が混在する現場でも一括してモニタリングできるようにする。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い