全1628文字
PR

 富士ゼロックス(本社東京)は、電子写真式の複合機やプリンターに使うトナーの技術を応用し、接着機能を持つ無色透明のトナー(以下、接着トナー)や、磁場をかけると固まる粉を開発した。同社はこれらを「新機能性材料展2020」(2020年1月29〜31日、東京ビッグサイト)で参考出展し、用途を探っている。

“のり”を印刷できる

 接着トナーは、従来のトナーと同様に複合機やプリンターへ搭載して使用でき、“印刷"した後に圧力をかけると接着力が発現するというものだ(図1)。普通のトナーによる印字領域と、接着トナーによる接着領域(のりを塗布したところ)を同時に形成できる。印刷後にのりや接着剤を別工程で塗布する必要がなくなる。圧着はがきなどへの応用が見込まれる。

図1 開発したトナーの仕組みと活用例
図1 開発したトナーの仕組みと活用例
用紙上に従来のトナーと新開発の接着トナーを同時に印刷できる。加圧して接着力を発現させて、冊子などを造れる。(出所:富士ゼロックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 接着力を発現させるには、接着トナーを印刷した紙を重ね、市販のシーラー(ローラーの間に接着したい紙などを通す機械)などで数十MPaの圧力をかける(加熱は不要)。すると接着トナーが溶けて紙の繊維の隙間に入り込む。「圧力で溶ける一方で、電子写真方式での現像や定着の熱では溶けない材料を開発した」(画像形成材料事業部材料技術開発統括グループ統括グループ長の二宮正伸氏)のが開発上のポイントという。