全1504文字

 日本電機工業会(JEMA)は、IoT(Internet of Things)を活用した製造業の変革に関する提言書「2019年度版 製造業2030」を公開した。2015〜2018年度版に引き続き、JEMAの「スマートマニュファクチャリング特別委員会」(以下、委員会)の活動をまとめたもの。新型コロナウイルス感染拡大で分断されたサプライチェーンを、よりフレキシブルにつなげるために、同委員会が提唱するコンセプトが「重要な意味を持っている」と位置付ける。

 同委員会は2030年のあるべき製造業の姿として、市場環境に合わせて柔軟に製造プロセスやビジネス環境を組み替え・構築するコンセプト「FBM(Flexible Business and Manufacturing)」を提唱する。

 このコンセプトでは、バリューチェーン(ビジネス)の領域を示す「基盤」や、バリューチェーンにおいて価値を付加するプロセスである「FBMサービス」、バリューチェーンで連鎖の方向を示す「バリューリンク」といった構成要素を設定。基盤は厚板、FBMサービスは球体、バリューリンクは矢印などの図形を使って「FBMモデル」と呼ぶバリューチェーンを構築していく(図1)。構築には、「FBMツール」と呼ぶ専用ツールを用いる。

図1 従来のバリューチェーン(左)とFBMによる柔軟なバリューチェーン(右)
図1 従来のバリューチェーン(左)とFBMによる柔軟なバリューチェーン(右)
社会や環境の変化に応じて、企画、商品開発、生産、保守といったバリューチェーン(FBMモデル)を構成する要素を柔軟に変更したり組み替えたりする。(出所:JEMA)
[画像のクリックで拡大表示]