全1396文字
PR

 米Siemens Digital Industries Software(シーメンスデジタルインダストリーズ ソフトウエア)が、主力のPLMツールをSaaS(Software As a Service)としてクラウドで提供する「Teamcenter X」を発表した。2020年6月にオンラインで開催した「シーメンス2020メディアアンドアナリストカンファレンス」で詳細を説明。現行の「Teamcenter」の全機能をカバーしてクラウド上で稼働させ、システムの保守やバージョンアップを同社が担う。これまで「大企業向けのデータ管理システムを導入できなかった中小・中堅企業と、自動車の1次部品メーカー(ティア1サプライヤー)などとをつなげる」(同社)という(図1)。

図1 PLMツール「Teamcenter」のSaaS版「Teamcenter X」
図1 PLMツール「Teamcenter」のSaaS版「Teamcenter X」
Teamcenterと同等の機能をSaaSで提供する。左が基本機能で文書管理、ワークフロー管理、リビジョン管理、BOM(部品表)管理機能などを含む。中央がCADとの連携などのアドオン機能、右がカスタマイズなどの拡張機能を示す。(出所:Siemens Digital Industries Software)
[画像のクリックで拡大表示]