全880文字
PR

 機能性材料の輸出入や受委託製造などを手掛けるハイケム(東京・中央)は、中国・安徽豊原福泰来聚乳酸(中国安徽省蚌埠市)が生産する生分解性プラスチックのポリ乳酸(PLA)を輸入し、国内での販売を開始する。2023年までに日本市場での流通量を倍増させる狙い。中国で台頭するサプライヤーと日本の材料メーカーをつなぎ、生分解性材料の普及を目指す。

世界最大のサプライヤーへ

 ハイケムは、安徽豊原福泰来聚乳酸の親会社である食品添加物メーカーの安徽豊原集団と事業戦略パートナーシップ契約を結んでいる。今回、安徽豊原福泰来聚乳酸がPLAの量産化に成功したのに伴い、ハイケムが輸入を開始する。安徽豊原福泰来聚乳酸のプラントの年産能力は5万tで、米ネイチャーワークス(NatureWorks)やタイのトタル・コービオンPLA(Total Corbion PLA)に次ぐ世界第3位の規模(図1)。2021年には同10万t、5年以内に同100万tへ増やす計画で、世界最大のPLAサプライヤーになる見込みだ。

図1 世界のPLAサプライヤーの生産能力
図1 世界のPLAサプライヤーの生産能力
安徽豊原福泰来聚乳酸の生産能力は年間5万tで、世界第3位だという。(出所:ハイケム)
[画像のクリックで拡大表示]