全2199文字
PR

 アラスジャパン(東京・千代田)は、デジタルツインの運用支援と、ユーザーでのカスタマイズ部分のテスト期間削減などを目的に、PLM(製品ライフサイクル管理)ツール「Aras Innovator」(米Aras)に新機能などを相次いで追加した。2020年7月にはデジタルツインの運用支援機能「Digital Twin Core」の提供を開始し、同8月にはシミュレーションのデータを管理する機能「Simulation Management」などを含むAras Innovatorの新版「バージョン12SP9」の提供を始めた。

デジタルツインの基礎はMROマスター情報

 Digital Twin Coreは、メーカーが出荷して市中で稼働中の製品(市中製品)について、その状況をIoTの仕組みによって集約、管理する機能。最初のリリースは「シリアル番号などの個体情報ごとに、稼働状況や修理履歴の情報を管理するための基本ツール」(アラスジャパン)と位置付ける。「集めた情報をMRO(メンテナンス・修理・オーバーホール)に利用すると想定しており、そこで必要不可欠なマスター管理機能を先にリリースした」(図1)。今後のバージョンアップで運用機能を順次追加していくとみられる。

(a)
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 Aras InnovatorのDigital Twin Core
部品の交換、アップグレードといった履歴の管理機能(aのツリー表示)を利用し、個別の製品の構成変化を記録、追跡する。基本はBOM(部品表)のような「マスターデータ」(アラスジャパン)に相当する(b)。(出所:アラスジャパン)

 Aras Innovatorには保守や修理の履歴を管理するサービス部品表(サービスBOM)機能が既にあるが、Digital Twin Coreは別に開発している。役割は近いように思えるが「IoTに対応した市中製品のMROは、従来の保守サービスよりも内容が増える。例えば、稼働状況をベースにしたデジタルツインでのシミュレーションにより、部品寿命やメンテナンス時期の予測が可能になる。そのため、既存の保守サービスを前提としたサービスBOMとは別のマスターを整備すべきだと考えた。結果として近い機能になるかもしれないが、考え方は異なる」(同社)という。

 Digital Twin Coreと前後して提供を始めたSimulation Managementは、シミュレーション実行時の条件や結果を専門に管理する機能。製品開発でのシミュレーションだけでなく、Digital Twin Coreとの組み合わせにより、稼働中の製品状況の予測にも利用可能になる。