全1089文字

 デジタルプロセス(神奈川県厚木市)は工業製品の組み立て工場における生産ラインの新設や改良について事前検証するVRシステム「DIPRO Xphere」(ディプロ クロスフィア)の機能を強化、リアル(実際の生産ライン)と同じスピードで動く3Dモデルをすぐ近くからの視点で見られるようにする()。Xphereを生産シミュレーター「COLMINAデジタル生産準備VPS GP4」と連動させる新機能を開発。2021年3月中旬をめどに、Xphereの機能改良パッチ「Xphere連携メニュー」として提供する。

図 Xphereで動く工場ラインを見る様子
図 Xphereで動く工場ラインを見る様子
リアルと同じスピードで動くラインを作業者の目線で見られる。(出所:デジタルプロセス)
[画像のクリックで拡大表示]

 従来は3Dモデルを利用しても細部まで検証し切れなかったため、最後には実機で検証する必要があり、時間がかかっていた。設備同士や設備と人が衝突する危険などを避けるため低速で検証するからだ。VRによって3Dモデルの詳細な動きを実速度で見れば、問題を事前に細部まで洗い出して設備や人の動きを修正でき、実機検証の必要性を減らせる。

 ラインの動作状況に限らず、設備の位置が適切かなどの検証もより詳しくできそうだ。例えば、低身長の作業者がVRで検証すれば、高さがある棚などの設備が視界を妨げて搬送車の走行状況が見えずに危険、といった問題が分かりやすくなる。Xphere内で固定設備をどこにずらせば邪魔にならないか、といった検証も可能だ

* ワークやコンベヤーのような動く物体や設備は、Xphereでの移動は可能だが、すぐ所定位置に戻る。ラインを動かすシミュレーションの途中では、位置の更新情報がGP4から随時もたらされるため。