全2051文字
PR

 電子部品の村田製作所とIoT機器向けソフトウエア開発を手掛けるACCESSがタッグを組み、中小製造業を主なターゲットに工場の設備などを手軽にデジタル管理できるようにするレトロフィットIoTサービス「JIGlet(ジグレット)」を2021年2月19日に始めた(図1)。

図1 JIGletの3つのセンサーデバイス「サイコロ」「照度」「ボタン」
図1 JIGletの3つのセンサーデバイス「サイコロ」「照度」「ボタン」
それぞれがLTEを内蔵するので自律的にクラウドにつながる。ポン付けですぐに使い始められるので、ネットワーク設備を用意したり接続したりする面倒がない。(出所:村田製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

製造現場で使いやすいIoTデバイス

 「データの蓄積」「データの可視化・見える化」「通知・アラート」というIoTの基本的機能を提供する。最大の特徴はセンサーデバイス1つひとつにLTEを内蔵し、「ITの知識がないスタッフや工場内ネットワークがない製造現場でもポン付けですぐに使えるようにした」(村田製作所デジタルイノベーション推進部推進1課スペシャリスト丹羽佑斗氏)ところだ。

 「お金や時間がかかる、難しいという現場の声を払拭したいと考えた」と丹羽氏はJIGletの開発動機を説明する。村田製作所とACCESSによる共同開発が始まったのは約2年前。製造業でIoT活用に注目が集まり始めていたが、実際の導入には二の足を踏む現場が多かった。ヒアリングすると、現場からこうした声が聞こえてきたという。