全1348文字

 2021年3月25日にスタートした東京2020オリンピック聖火リレー。ランナーが持つ聖火リレートーチは1時間降雨量が50mm、風速が17m/秒とリレー自体の実施が困難な状況でも聖火が消えないように造られている。ところが、悪天候ではないのにリレー中に聖火が消える事象が相次ぎ、関係者は衝撃を受けていた。大会組織委員会によれば、聖火が消えた原因は、ガスカートリッジの中途半端なねじ込みによる燃料供給不足だった。

走る直前にカートリッジをねじ込む

 聖火リレートーチには本体下部から直径ほぼ30mmの細長いガスカートリッジを差し込み、カートリッジ先端のおねじを上部にある燃焼ユニットのめねじにねじ込む。めねじ部中心の突起によってカートリッジのバルブが開き、燃焼ユニットの逆止弁を通ってガスが上昇して、ユニット先端の燃焼部位に流れ出る仕組みだ(図1、2)。

図1 聖火リレートーチに内蔵されている燃焼ユニットとカートリッジ
図1 聖火リレートーチに内蔵されている燃焼ユニットとカートリッジ
燃焼ユニットは聖火リレートーチの上部に内蔵されている。下方からガスカートリッジをねじ込むと、ガスが燃焼ユニットに供給されるようになる。(写真:早川俊昭)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 燃焼ユニット下端のねじ部(カットモデル)
図2 燃焼ユニット下端のねじ部(カットモデル)
中心にある逆止弁を通ってガスが燃焼ユニットへ入る。(写真:早川俊昭)
[画像のクリックで拡大表示]