全1502文字
PR

 古河電気工業と日亜化学工業は2021年4月26日、銅(Cu)の溶接技術に関する業務提携を発表した(図1)。電動車両の基幹部品の加工を想定し、青色レーザーと近赤外レーザーのレーザー光2種類を組み合わせた「ハイブリッド型」のレーザー溶接技術について、開発を加速する。同技術の実用化で先行する欧州や中国を追いかける。

図1 銅(Cu)のレーザー溶接技術で業務提携
図1 銅(Cu)のレーザー溶接技術で業務提携
日亜化学工業社長の小川裕義氏(左)と古河電気工業社長の小林敬一氏(右)。(出所:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 「日本の技術で銅の加工におけるデファクトスタンダード(事実上の標準)を狙う」─。古河電工社長の小林敬一氏はこう意気込む。電気自動車(EV)をはじめとする電動車両で銅の加工を必要とする部品は多い(図2)。例えば電池、モーター、インバーター。製造コストの低減に向けて、「銅をいかに効率よく溶接加工するかが大きな課題になってきた」(同氏)。ハイブリッド型レーザー溶接が期待されるのはそうした背景からだ。

図2 電動車両における銅加工の例
図2 電動車両における銅加工の例
モーターやインバーター、リチウムイオン電池などの生産時に、銅をいかに効率よく溶接加工するかが課題になる。(出所:古河電気工業、日亜化学工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 古河電工は21年1月、日亜化学と共同開発したレーザー発振器の第1弾「BRACE-I」をすでに製品化している。今回の提携で両社は製品ラインアップの拡充や性能向上を進め、25年に関連製品の売上高100億円を目指す方針だ。