全961文字
PR

 ホンダの航空機事業子会社である米Honda Aircraft Companyは米国時間2021年5月26日、小型ビジネスジェット機HondaJet(ホンダジェット)シリーズの新型「HondaJet Elite S」を発表した()。同年6月に受注を始める。搭載可能な燃料量を増やして航続距離を約222km延長。ビジネスジェットとしての利便性を向上した。

図 HondaJet Elite S
図 HondaJet Elite S
HondaJet(ホンダジェット)シリーズの新型。(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

最大離陸重量を増やした

 ホンダによると、従来機「HondaJet Elite」の航続距離は6人搭乗時で2159km。新型機では2380kmと1割延びた計算となる。改良を施し、機体の最大離陸重量を約91kg増やしている。その結果、より多くの燃料を積んで航続距離を延ばせる。あるいは、従来よりも多くの荷物を搭載できるようになった。加えて、新型機では重心位置の移動許容範囲を拡大。積載物の重量分配の制限を緩和して、それぞれの荷物を積みやすくしたという。

* ホンダは各機の航続距離を四捨五入して公表しているため、差し引いても222kmにはならない。

 機体運用時の安全性も高めた。「ASAS(Advanced Steering Augmentation System)」と呼ぶ操縦支援システムを導入。強風下でも安全に離着陸できるようになり、パイロットの負荷も減らせるという。「ステアリング(操縦系)とワイヤリング(電線・回路系)の刷新で実現した」(ホンダ広報担当)。

 さらに、既存の航空機電子機器系統(アビオニクス)をベースに、パイロットが地上の管制官と文字メッセージでやり取りできる通信機能を追加。ASAS同様、機体の安全性向上やパイロットの負荷軽減に寄与できる。

4年連続世界首位

 ホンダは21年2月、ホンダジェットの納入機数が20年通期で31機となり、小型ビジネスジェット機のカテゴリーで4年連続の世界首位を獲得したと発表している。「新型コロナウイルス感染症拡大の影響で20年の市場規模は縮小したが、ホンダジェットの納入機数は20年後半にほぼコロナ禍前のレベルにまで回復した」(Honda Aircraft Company取締役社長の藤野道格氏)。航続距離を延ばした新型機の投入でさらなる「連覇」を狙う。