全1752文字
PR

 ダイキン工業は2021年6月7日、新中期経営計画(新中計)「FUSION25」を発表した(図1)。3つの成長戦略テーマを掲げ、25年度に売上高を3.6兆円、営業利益率を約12%に引き上げる。同社の20年度の売上高は約2.5兆円で、営業利益率は9.6%だった。従って、新中計の5年間で売上高を1兆円伸ばしつつ、営業利益率を2.4ポイント引き上げて、一層の高収益体質を目指すことになる。

図1 ダイキン工業代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)の十河政則氏
図1 ダイキン工業代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)の十河政則氏
新中計「FUSION25」を発表した。(出所:日経ものづくり、オンライン会見のキャプチャー画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 設定した成長戦略テーマは、[1]カーボンニュートラル(温暖化ガスの排出量実質ゼロ)への挑戦、[2]顧客とつながるソリューション事業の推進、[3]空気価値の創造、である。これらの3テーマで5000億円の売り上げ増を狙っている(図2)。新中計で目指す売り上げ拡大の1兆円のうちの約5割を占める計算だ。なお、残りの約5割は既存事業で伸ばす。

図2 3つの成長戦略テーマで5000億円の売り上げ拡大を狙う
図2 3つの成長戦略テーマで5000億円の売り上げ拡大を狙う
売り上げ拡大を目指す1兆円のうち残りの5000億円は既存事業で伸ばす。(ダイキン工業の資料を基に日経ものづくりが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの成長戦略を実現するために、積極的な投資も実行する。具体的には、新中計の5年間で1兆5000億円以上を投じる考えだ。このうち23年度までの3年間で8000億円を超える費用を投資する計画を同社は立てている。