全1490文字
PR

 トヨタ自動車は2021年5月22日から23日にかけて、水素エンジン車で24時間レースを完走した(図1)。途中、中核部品のインジェクターや電気系統の異常による修理時間があったものの、レースを「実験場」としてデータ収集の場に活用する目的を果たした。ドライバーの1人として参加した同社社長の豊田章男氏は「従来の内燃機関をベースにした水素エンジン車も、カーボンニュートラルを実現する1つの選択肢ということを示せた」と胸を張る。

図1 レース中のトヨタの水素エンジン車
図1 レース中のトヨタの水素エンジン車
車名は「ORC ROOKIE Corolla H2 concept」。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 参戦したのは、富士スピードウェイで開催された「スーパー耐久シリーズ2021」の第3戦となる24時間レース。車両は「カローラスポーツ」を改造したもので、水素エンジンや水素タンクなどを搭載した。水素エンジンのベースにしたのは、「GRヤリス」の排気量1.6Lガソリンエンジンである(図2)。

図2 出走車両の水素エンジン
図2 出走車両の水素エンジン
GRヤリスの1.6Lエンジンをベースに、水素の配管などを追加した。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]