全1375文字
PR

 キヤノンは生産ライン上の板材などの搬送物の移動距離や速度を精密に測る非接触式の計測機器「PD-704」を発売した(図1)。板やフィルムなどの長さや移動速度を測る測長器(測長計)の一種で、順送プレス加工における部材の送り速度や位置を正確に把握するといった用途を念頭に開発した。

図1 キヤノンが発売する計測機器「PD-704」
図1 キヤノンが発売する計測機器「PD-704」
(出所:キヤノン)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大100Gの加速度まで追従可能なため、従来は精緻な測定が難しかった速度変化の激しい生産ラインでも対応できるという。製造現場で歩留まりの改善につながると見込む。2021年5月10日に販売を始めた。