全2881文字
PR

 「中国のロケット残骸落下」─。こんな見出しが一般紙の紙面をにぎわしたのは記憶に新しい。中国が2021年4月29日に打ち上げたロケット「長征5号B」の残骸が、同年5月9日にインド洋に落下したのだ。落下後には米航空宇宙局の長官が、「中国がスペースデブリ(宇宙ゴミ)に関して責任ある基準を満たしていないのは明白」と非難する声明を発表した。

 実は、残骸が落下するにしても、人の居住しない海上などに確実に落下させる方法はあった。技術的に難しいわけでもない。中国がそうした方法を採用しなかった理由は明らかではないが、「国際的に無神経な中国」という印象を一層強めたのは間違いない*1

*1 中国は20年5月の長征5号B初打ち上げでも、打ち上げ1週間後に第1段をアフリカ大陸西岸沖で大気圏に再突入させ、燃え尽きた破片をアフリカ西部のコートジボワール共和国に落下させている。この時も人的・物的被害は発生しなかったものの、長征5号B打ち上げの危険性は既に指摘されていた。

 実際には、人が居住する領域は極めて限られているため、ロケットの破片が落下する地点を特定できなくても、地上に被害をもたらす確率は極めて低い。しかし、だからといって既存の安全策を採用しなかった中国が正当化されるわけではない。運用で確保できる安全は可能な限り確保するというのが、現在の宇宙機運用の基本原則だ。

サイズの大きい第1段が落下

 長征5号Bの打ち上げ目的は、新しい宇宙ステーション「天宮」の中核となるコアモジュール「天和」の打ち上げにあった。長征5号Bは、「長征5号」のバリエーション。長征5号は、それまでの長征1号〜4号とは技術的に全く別の新世代のロケットとして、中国が20年近くかけて開発した大型ロケットだ。第1段、第2段ロケットは共に液体酸素・液体水素を推進剤としており、第1段の周囲に使用液体酸素とケロシンを推進剤に使う4本の液体ロケットブースターを装備する*2

*2 静止軌道一歩手前の静止トランスファー軌道へ14.4tの打ち上げ能力を持つ。同軌道は近地点が高度数百kmから数千km、遠地点高度は静止軌道と同じく高度3万6000kmの細長い楕円軌道。静止軌道への打ち上げでは、ロケットはいったん静止トランスファー軌道に衛星を投入する。その後、衛星は自前の推進系を使って静止トランスファー軌道から、静止軌道に乗り移る。