全1637文字
PR

 OKI(沖電気工業)でEMS(電子機器の製造受託サービス)を手掛けるEMS事業部は、生産拠点であるOKI本庄工場で、リールに巻かれた微細な電子部品をX線で数える計数装置を導入したと明らかにした(図1、2)。今後、電子化した在庫棚と連動させ、生産計画と使い残し数を照合し、生産現場で欠品が出ないように払い出すシステムを構築する考えだ。

図1 OKIのEMS事業部が本庄工場に導入したX線計数装置
図1 OKIのEMS事業部が本庄工場に導入したX線計数装置
X線撮影と画像処理により、4巻のリールの部品を15秒で数える。(出所:OKI)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 リール内の部品をX線で捉えた画像
図2 リール内の部品をX線で捉えた画像
部品が複数つながって見えても、画像処理により個数を識別する。(出所:OKI)
[画像のクリックで拡大表示]

 プリント配線基板(PCB)に実装する微細な電子部品は、細長いテープに保持させた上でリールに巻き取った状態で実装機に供給する。多品種少量生産の場合はリール1巻分の部品を使い切れず、生産機種の切り替え時に使い残しがある状態で実装機から外す場合が多い。外したリールは再び他の製品の生産に使えるよう、使い残しの数を1個単位で把握しておく必要がある。