全1518文字

 トヨタ自動車が全面改良した新型の小型ハイブリッド車(HEV)「アクア」が「バイポーラ型」のニッケル水素電池を採用した(図1)。駆動用の車載電池として採用するのは「世界初」(同社)。体積当たりの容量はリチウムイオン電池パックよりも25%増えた。豊田自動織機が量産する。

図1 トヨタ自動車の新型「アクア」
図1 トヨタ自動車の新型「アクア」
約10年ぶりに全面改良した2代目で、先代比で燃費を20%改善した。価格は198万円(税込み)から。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 従来型のニッケル水素電池は、正極と負極の活物質を別々の集電体に塗り、両極の間にセパレーターを挟んで電解液を注入したセルが独立している。複数のセルを組み合わせてモジュールとする際は、集電体の横から出したダブを接続する。

 一方、トヨタが今回採用したバイポーラ型は、集電体の片面に正極を、もう一方の面に負極を塗って「バイポーラ(Bipolar:双極)電極」とし、これを複数枚重ねている(図2)。集電体の枚数や電池セルの外装材を減らせるので、セルが独立した従来型より小さくできる。さらに、通電面積が広く、大きな電流を流しやすいというメリットもある。

図2 従来型のニッケル水素電池との違い
図2 従来型のニッケル水素電池との違い
従来型とバイポーラ型には集電体の使い方に違いがある。従来型は集電体の片面だけに正極あるいは負極の活物質を塗る。一方のバイポーラ型は、集電体の両面を使う。これによって積層構造が可能になり、セルごとに外装ケースを用意する必要がなくなる。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]