全1690文字

 パナソニックは2021年7月19日、製造業のサプライチェーン関連業務の現場に向けたSaaS型アプリケーション「現場最適化ソリューション」を提供すると発表した。カメラで捉えた現場作業者の動きを人工知能(AI)によって自動的に分類・整理し、現場の状況を把握して、その情報を基に人員の勤務シフトや輸送計画の最適化を図れる。さらに、インダストリアル・エンジニアリング(IE)でいう「標準業務プロセス」「標準時間・標準工数」などを導出して、中長期的な業務改善を進められる。

カメラ映像をAIで分析し作業内容を可視化

 現場最適化ソリューションは物流現場(倉庫)向けと流通現場(小売り)向けがあり、それぞれ「最適化アプリケーション群」と「可視化アプリケーション群」で構成する。

 物流現場向けの最適化アプリケーション群には勤務シフトを自動作成する「シフト最適化」、入出庫や仕分けなどの業務計画を自動で作成する「庫内最適化」、トラックと倉庫作業を同期させた計画を自動で作成する「輸配送最適化」などがある。

 物流現場向けの可視化アプリケーション群には、カメラ映像を基に作業を分析する「AI画像処理作業可視化」、在庫回転率を明らかにする「在庫可視化」、庫内の人やフォークリフトの動きを分析する「動線分析」、スマートフォンを利用して実績を把握する「配送見える化」などがある。流通現場向けには、物流現場向けとほぼ同様の最適化・可視化アプリケーションに加えて、店舗の来店者や棚の状況を可視化するアプリケーションを提供する。

 これらのアプリケーションを互いに組み合わせると、例えば輸配送最適化アプリケーションで入荷量を予測し、その情報を基に勤務シフトを最適化できる。さらにはそのシフト計画による積み込み作業と同期した輸送計画を立てて最適ルートを決める、といった業務の進行が可能になる、としている(図1)。

図1 「現場最適化ソリューション」による物流分野での最適化
図1 「現場最適化ソリューション」による物流分野での最適化
入荷量を予測し、その情報を基に勤務シフト計画を最適化し、さらにシフトの積み込み作業と同期した輸送計画を組む、といった業務の進行が可能になる。(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]