全1756文字
PR

 「インドは今、(空調機)需要の爆発が起きている」─。ダイキン工業がインド市場での成長を加速させる。2025年の売上高を1000億ルピー(約1700億円、1ルピー=1.7円換算)超と、2021年の2倍以上に引き上げる(図1)。同社は過去10年ほどで同国での売り上げを約10倍に伸ばしたが、成長速度をさらに高める計画だ。

図1 ダイキン工業のインド市場における売上高の推移
図1 ダイキン工業のインド市場における売上高の推移
2025年に売り上げを2021年の2倍に増やし、1000億ルピー(約1700億円)超えを狙う。(出所:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、同国の空調機市場で首位に立つダイキン工業。業務用でのシェアは6割超で、家庭用でも18%と第1位。トップシェアを維持したまま、インド市場の成長の波に乗る考えだ。

 インドの人口は14億人超で、2023年には世界最大となる見込み。購買力も高まっている。一方で、空調機の普及率は5%前後と低く、今後の伸びが大きく期待できる。この経済成長を取り込むべく、同社はインド南部アンドラプラデシュ州スリシティに第3工場を建設し、2023年8月から稼働させる。これにより、年間生産台数を現在の130万台から、2025年には250万~270万台へと2倍に増強する。

 現在稼働している工場は、インド北部ラジャスタン州ニムラナにある第1工場および第2工場。第3工場の稼働後は、生産能力が現在の150万台/年から300万台/年に倍増する見込みだ(図2)。

図2 ニムラナ第2工場の家庭用エアコンの組み立てライン
図2 ニムラナ第2工場の家庭用エアコンの組み立てライン
最先端のモジュールラインを日本の工場よりも先に導入した。(写真:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]