全485文字
PR

 サブタイトルにある「電気代1/10」が実現すれば、さまざまな製品・サービスの原価が下がり、経済に大きな変化をもたらすだろう。にわかには信じがたいが、本書を読むと決して絵空事ではないと分かる。第1章で筆者は、有限の資源である「化石燃料」と、電力需給をリアルタイムでバランスさせる(同時同量則の)「計画経済」が電力コスト高止まりの2大要因と指摘。太陽電池を含む「再生可能エネルギー」(再エネ)と、リチウムイオン2次電池のような「蓄電池」、および水素で発電する「燃料電池」という「電池3兄弟」がそれを打破すると喝破する。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料