全485文字
PR

 サブタイトルにある「電気代1/10」が実現すれば、さまざまな製品・サービスの原価が下がり、経済に大きな変化をもたらすだろう。にわかには信じがたいが、本書を読むと決して絵空事ではないと分かる。第1章で筆者は、有限の資源である「化石燃料」と、電力需給をリアルタイムでバランスさせる(同時同量則の)「計画経済」が電力コスト高止まりの2大要因と指摘。太陽電池を含む「再生可能エネルギー」(再エネ)と、リチウムイオン2次電池のような「蓄電池」、および水素で発電する「燃料電池」という「電池3兄弟」がそれを打破すると喝破する。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
トヨタの燃料電池車を徹底分解、見えた電動化の課題とは
「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

デジタル融合で加速するものづくりの進化

製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の最先端を知りたい方に。先進企業の事例やDXを支援する製品/ソリューションを集めたイベントを開催します。参加は無料。

事前登録で動画/資料が見られます

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中