PR

 停止するはずのエレベーターのかごが上昇。扉が開いた状態でかごの床と建物の床に30cm以上の段差が生じた。けが人はなかったが、国土交通省は「重大事故につながる可能性もあった」とみて事故原因を調査。2018年3月に公表された報告書は、整備不良で生じた金属の摩耗粉が障害の原因となり、ブレーキが正常に動作しなかったと結論付けた。エレベーターを製造した東芝エレベータは、ブレーキ部の点検強化などの再発防止策を打ち出した。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

デジタル融合で加速するものづくりの進化

製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の最先端を知りたい方に。先進企業の事例やDXを支援する製品/ソリューションを集めたイベントを開催します。参加は無料。

事前登録で動画/資料が見られます

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中