PR

 南米チリ、アンデス山脈のアタカマ砂漠にある海抜5000mの高地に建設されたスーパー電波望遠鏡「アルマ(ALMA)」は全66台のパラボラアンテナで構成される世界最高の巨大電波望遠鏡(干渉計)である。天体からの微弱な電波を受信するアンテナの設計では熱対策がポイントになる。これを担当した三菱電機の技術者はある観測衛星で熱設計の経験を積んでいた。アルマの開発プロジェクトを1998年から取材し続けたノンフィクション作家の山根一眞氏が聞く。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い