PR

 日米欧による天文学史上最大の国際共同プロジェクトとして建設された電波望遠鏡「アルマ」。チリ、アンデス山脈の標高5000mのチャナントール高原に並ぶ66台のパラボラアアンテナ群は昼間も宇宙の観測を続けている。電波望遠鏡は「電波で見る」ため昼間でも観測が可能だからだ。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料