PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

設計コンサルタントとして多くの日本企業を指導する國井良昌氏が、若手技術者を対象に、将来設計マネージャーとして世界で戦うために必要な心得をQ&A形式で指南する。第4回は、「パワーポイント」でプレゼンテーションを作成する際のコツを解説する。ポイントは「急がば回れ」だ。

質問1

 当社では入社6カ月後と1年後、そして3年後に、「レビュー会」と称する場でそれまで学んだことと、今後の課題に関する個人発表会が催されます。なんとしてでも、優秀賞を取りたいと考えています。そこで、「パワーポイント」によるプレゼンテーション(以下、プレゼン)作成のコツを教えてください。