PR

設計コンサルタントとして多くの日本企業を指導する國井良昌氏が、若手技術者を対象に、将来設計マネージャーとして世界で戦うために必要な心得をQ&A形式で指南する。第7回のテーマは技術論文の書き方。特に、「読み手を引きつける書き出し(要旨)」が重要になる。インパクトの強いキーワードを選び、文章内に適切に散りばめるのがコツだ。

質問1
 A4判で6枚の技術論文を作成し、社内技報として出稿しました。ところが、社内編集部員から、「内容はOKなので、アブストラクト(要旨)を200字にまとめてください」とのことでした。そこで200字にまとめて提出したところ、「本文の主要部分が逸脱している」「何を書いているか分かりにくい」とすごい剣幕で叱られました。主要部分を外さずに短文にまとめるコツがあるのでしょうか。教えてください。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料