全2804文字
PR
「トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます」では、日本メーカーの管理者が抱える悩みに関して、トヨタ自動車流の解決方法を回答します。回答者は、同社で長年生産技術部門の管理者として多数のメンバーを導き、その後、全社を対象とする人材育成業務にも携わった経歴を持つ肌附安明氏。自身の経験はもちろん、優れた管理手腕を発揮した他の管理者の事例を盛り込みながら、トヨタ流のマネジメント方法を紹介します。
悩み
開発部門でチームリーダーを務めています。新製品開発の時間が足りずに困っています。ソフトウエア開発や法規制への対応が増えて、従来よりも作業量は明らかに増加しています。ところが、社長から一方的に発売日が告げられ、それに合わせた開発期限が設定されてしまいます。一度反論したことがあるのですが、聞いてもらえませんでした。一方的な押し付けを止めることはできないでしょうか。

編集部:よく、「ワンマン」と呼ばれる社長が経営する企業では、社長が全てを決めて、社員はただひたすら社長に従うという構図が見られます。そうした社長は大抵優秀で自信満々。実績もあるため、社員の意見にあまり耳を傾けようとはせず、何でもトップダウンで押し切る。結果、社員は自発的に意見を発しなくなり、さらに社長のワンマンさが強まるというわけです。

肌附氏—これは難しい問題です。たとえ周りからワンマン社長と呼ばれていても、売り上げや利益を伸ばす社長は優秀な経営者です。逆に、社員の意見をよく聞くからといって、業績を悪化させるだけなら、経営者失格の烙印(らくいん)を押されても仕方がありません。経営者の評価はどうしても「結果が全て」という側面があります。従って、社長によるトップダウンのスタイルが間違っているとは一概にはいえません。

 一方で、急成長してきた企業がつまずくきっかけが、ワンマン社長の判断の誤りであることも結構あります。社長の判断が常に正しいとは限りません。自分の判断に自信を持つあまり、時代や競争環境の変化を見逃してしまうこともあるでしょう。こうした場合には、社員や部下の方から声を上げて社長に聞き入れてもらう必要があります。

編集部:社長がワンマンだったり、上下関係が厳しい社風の企業だったりした場合、社員や部下の方から意見を言いにくい雰囲気があるかもしれません。場合によっては左遷人事を被る心配もあるかと……。

肌附氏—これも難しいところです。率直に言って、それは会社の体質の問題です。しかし、放置しておくと、いつか深刻な問題に直面する危険性があります。

 私が知る大手企業の事例です。ある製品の市場にビジネスチャンスを感じ取った社長が、ほぼ独断でその製品の開発を決めました。しかし、現実にはその製品を開発できる十分な技術がその企業には備わっていなかった。自分が引き上げた開発担当の役員に可能性を確認したところ、その役員は「努力します」と答えました。社長がワンマンであるが故に、役員はノーとは言えなかったのでしょう。これだけで、社長は新製品の発売を決めてしまったというのです。

 こうして、開発期日も上意下達で決まりました。自分たちの実力を誰よりも分かっている開発現場の技術者たちは、内心では「不可能だ」と思っていたといいます。ところが、上からの命令は絶対。「分かりました」としか言えなかったそうです。

 そして案の定、開発期限は守れませんでした。しかし、そこで開発部門の管理者は、開発が遅れる度に「もっともらしい理由」を上に報告するのです。それを真に受けた上層部は「仕方がない」と判断し、開発期日を先延ばしにしています。しかも、これに対して誰も責任を取ることはありません。

 それでも、開発期限が先延ばしになっているだけなら、ましな方かもしれません。ある企業は、上にものを言えない体質のために、無理難題を押し付けられて追い詰められた現場の社員が、品質データをねつ造するという不正行為に手を染めてしまいました。こうなれば企業が社会的な制裁を受けかねません。

 いずれにせよ、いつまでたっても製品は完成しないのですから、企業が傾くリスクは増大する一方です。

編集部:2017~18年に問題になった品質不正問題を起こした企業でも、最大の原因は、現場の声が会社の上層部に届かないことでした。解決策はあるのでしょうか。