全2810文字
「トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます」では、日本メーカーの管理者が抱える悩みに関して、トヨタ自動車流の解決方法を回答します。回答者は、同社で長年生産技術部門の管理者として多数のメンバーを導き、その後、全社を対象とする人材育成業務にも携わった経歴を持つ肌附安明氏。自身の経験はもちろん、優れた管理手腕を発揮した他の管理者の事例を盛り込みながら、トヨタ流のマネジメント方法を紹介します。
悩み

開発・設計部門で新製品開発チームをまとめています。新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の影響で在宅勤務が基本となり、出勤するのはせいぜい1週間に2日程度となっています。最近心配しているのが、部下との人間関係です。直接顔を合わせて話す機会が極端に減っているので、部下からどう思われているか、信頼関係は保てるのかと気になっています。何かヒントがあれば教えてほしいです。

編集部:新型コロナの感染拡大で緊急事態宣言が出された2020年4月以降、多くの日本企業が在宅勤務を続けています。現場でもの(ハードウエア)を扱う機会が多い自動車業界でも、8割以上が在宅を中心にテレワークを実施しており、既にニューノーマル(新常態)の働き方として定着した感があります。一方で、課題も出てきており、中でも上司と部下との間の信頼関係について不安を覚える人が多いようです。

肌附氏—管理者が心配する気持ちはよく分かります。しかし、部下の方がもっと大きな不安を抱えていることに、部下を導く管理者としては気付くべきでしょう。新型コロナの先行きはいまだにはっきりとは見えていません。もしもこれから第二波、第三波が来るようなことがあれば、自分は将来どうなってしまうのだろうという不安を覚えながら、部下は在宅で仕事しているのです。

 不安な気持ちを心に抱えたまま、仕事に集中するのは難しい。その状態を放置したままでは良い仕事、良いものづくりはできないと言っても言い過ぎではありません。