全2756文字
PR
「トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます」では、日本メーカーの管理者が抱える悩みに関して、トヨタ自動車流の解決方法を回答します。回答者は、同社で長年生産技術部門の管理者として多数のメンバーを導き、その後、全社を対象とする人材育成業務にも携わった経歴を持つ肌附安明氏。自身の経験はもちろん、優れた管理手腕を発揮した他の管理者の事例を盛り込みながら、トヨタ流のマネジメント方法を紹介します。
悩み

急激に円安が進んでいます。一時(2022年9月7日時点)は1米ドルが144円台まで円が下落しました。大手を中心に日本企業はグローバル化を推進する過程で、為替変動への耐性を付けてきたとは思います。しかし、エネルギーや材料の価格が高騰している中で、ここまで急速に円安が進行すると、さすがに日本の製造業にも負の影響が及ぶのではないかと心配になります。円安をどのように捉えていますか。

編集部:1米ドルが144円台になったのは1998年以来。24年ぶりの「超円安」です。見たことがない安値の水準になったのに加え、円の下落スピードがあまりに急速だったため、日本経済は大丈夫なのかと不安になる人は少なくないと思います。そういえば、肌附さんは以前から円安になるという未来予想をしていましたね。