PR

工場のIoT(Internet of Things)化で収集したデータに基づく「予知保全」は必要だ。しかし、設備投資増やデータ収集・分析のノウハウ不足に不安を覚える─。生産設備の予知保全に関するアンケート調査で、こんな結果が出た「予知保全が必要」との回答は9割超。しかし、「予知保全の仕組みを本格的に運用している」のは1割に満たない。

Q1 これからの工場には、工作機械や設備などから収集したデータに基づく予知保全が必要だと思うか

[画像のクリックで拡大表示]

予知保全が必要だという点ではほとんど異論がない。「必要である」が93.4%。「必要ではない」と回答したのはたった1人、0.3%だ。IoTによって収集したデータへの期待が大きいことも物語る。