全1357文字
PR

民間企業がロケット打ち上げに挑戦したり、人工衛星を活用した新たなサービスが登場したりと、近年、宇宙関連ビジネスが注目を集めている。今回の調査では8割がこうした宇宙関連ビジネスに「興味がある」と答えた。先端技術や厳しい仕様が要求されるイメージから、技術面で興味の対象となっているようだ。一方で、事業性や、どういった技術や仕様が求められるのかについての知見などを持たない。このため関心はあっても、すぐに事業に結びつくとは捉えられていない。(吉田 勝)

Q1 事業として宇宙関連ビジネスに興味はあるか

「大いに興味がある」(41.2%)、「多少興味がある」(39.6%)を合わせると、「興味がある」が約8割に上る。多くの人が宇宙ビジネスに強い関心を寄せていることが分かる。

[画像のクリックで拡大表示]

Q2 宇宙関連ビジネスに興味がある理由は何か

[画像のクリックで拡大表示]

Q1で「大いに興味がある」「多少興味がある」との回答者に聞いた。「純粋に技術的に興味がある」が6割以上に上り、「事業として将来性が高い」は約4割(39.9%)にとどまった。Q1に表れている関心の強さは、ビジネスとしてよりも、多くが技術的な興味のようだ。