PR

 「当社が目指すスマート工場の要件は、スマートマシン、ロボットによる自動化、IoTの高度活用の3つだ」とオークマ取締役副社長の家城淳氏は説明する。それを実践するのが、2017年6月に本格稼働を開始したオークマの新工場「Dream Site2」(愛知県・大口町。以下、DS2)。従来工場の2倍の生産性を目指して、ロボットによる自動化、IoTを活用した生産進捗管理・設備の稼働監視など、最新の技術を盛り込んだスマート工場だ。同社は今後、DS2の成果を、スマート工場向けのソリューション・サービスに活用していく。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料