PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 OKIデータLED統括工場(群馬県高崎市)のクリーンルームで、LEDモジュールの1機種を造る革新的な自動化生産ラインが2017年5月に稼働を始めた(図1)。1台の双腕型ロボットの周囲を3台の自動化装置が取り囲む構成。双腕型ロボットは、ワークを載せたキャリヤー(治具)を自動化装置に入れて作業を実行させ、作業の済んだキャリヤーを次工程の自動化装置に移す。1バッチ80個分の材料を供給すると、このラインが作業を自動実行し、80個の完成品をキャリヤーラックに入れて動作を終了する。

図1 双腕型ロボットを中心に自動化装置を配置したラインとLEDモジュールの生産工程
[画像のクリックで拡大表示]
図1 双腕型ロボットを中心に自動化装置を配置したラインとLEDモジュールの生産工程
[画像のクリックで拡大表示]
図1 双腕型ロボットを中心に自動化装置を配置したラインとLEDモジュールの生産工程
双腕型ロボット「NEXTAGE」を中心に、各工程の作業を自動化する装置を配置した。クリーンルーム内に設置した。 (写真出所:OKI)