PR

 ばら積み状態の製品から1つひとつの製品を正確に取り出すピッキング作業。物流倉庫や工場の部品配膳の現場で、この作業を自動化するシステムを日立製作所が開発した(図1)。製品が乱雑に詰め込まれた箱を必要な場所へと搬送する途中の時間を使い、無人搬送車(AGV)を止めずに箱の中から製品を素早く取り出す作業を自動的に行う。

図1 ピッキング作業を効率化する自動ピッキングシステム
図1 ピッキング作業を効率化する自動ピッキングシステム
主なハードウエア構成は、カメラとロボット、AGVの3つ。AGVを停止させずに、ばら積み状態の箱から正確に素早く製品を取り出せる。(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 新しい自動ピッキングシステムは、カメラと無人搬送車(AGV)、垂直多関節ロボット(以下、ロボット)から成る(図2)。ただし、製品の箱を運ぶAGVはもちろん、カメラとロボットは一体ではない。製品をピッキングする場所にロボットを据え付け、カメラはそこから3.5m離れた場所に設置する。具体的にはAGVの軌道上で、かつロボットから3.5m手前の場所だ。AGVがピッキング場所に来る直前に、箱の中をカメラで撮影して箱の中の状態をあらかじめ把握するのである。

(a)カメラと箱を載せたAGV。箱にはばら積みの製品が入っている。カメラで荷積み状態を事前に把握する
(a)カメラと箱を載せたAGV。箱にはばら積みの製品が入っている。カメラで荷積み状態を事前に把握する
[画像のクリックで拡大表示]
(b)ロボット。走行中のAGVに載った箱の中から製品を取り出す。ここでは垂直多関節ロボットを使った
(b)ロボット。走行中のAGVに載った箱の中から製品を取り出す。ここでは垂直多関節ロボットを使った
[画像のクリックで拡大表示]
図2 自動ピッキング システムのハードウエア構成