PR

生産効率の追求はもちろん、昨今の人手不足や人件費の高騰などを背景に生産ラインを自動化すべきとの機運が高まっている。ただし、その必要性は強く感じつつも、初期投資が大きい、投資対効果が見えない、汎用性がなくなるといった点がネックとなり、実際の工場における自動化は思ったほど進んでいないのが実情のようだ。機械設備が増えることによって段取りや故障・トラブル対応が増す、現場の臨機応変な対応が難しくなるといった点も自動化の懸念事項となっている。

Q1 あなたの所属する会社・部門の工場では、今後、これまで以上の自動化が必要だと感じているか(1つ選択)

[画像のクリックで拡大表示]

「大いに感じる」(39.6%)「感じている」(45.6%)と、9割近くが自社での自動化の必要性を認めている。強い危機感がうかがえる。