好業績を続けるダイキン工業が、国内で25年ぶりにエアコンの新工場を建設し、2018年6月から業務用エアコンの量産を開始した。国内市場の高い成長がもはや見込めない中で同社が日本に工場を新設した理由は、これからも日本は最先端技術を生み出す拠点だからだ。同時に、最新の生産技術とIoTの開発や使いこなしを通じて、人づくりを行う。先端技術と現場で格闘することでしか、技術系人材は育たない。最先端工場の全貌を、生産技術とIoT、モジュールラインの3つの切り口で解き明かす。

写真:石田高志
写真:石田高志
[画像のクリックで拡大表示]