PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

ダイキン工場の堺製作所(堺市)で2018年6月に稼働を開始した「臨海工場 新1号工場」は同社として25年ぶりの国内新工場だ。最先端の生産技術やIoTなどを投入した工場の入り口には頭の部分が熱交換器になった「ぴちょんくん」のオブジェが飾られている。

(工場建屋と空撮写真の出所:ダイキン工業)
(工場建屋と空撮写真の出所:ダイキン工業)
[画像のクリックで拡大表示]

ロボットが機械を操作

熱交換器を搬送して室外機本体に取り付ける工程では、ロボットが運搬補助機を操作する。これにより、可搬質量が小さなロボットでも熱交換器の搭載工程を自動化できる。

AGVの上で組立作業

異なる仕様のファンアッシーをサブ工程で造り分けてから組み立てラインに供給する。ファンアッシーは80kgと重いため、AGVの上で組み立てて載せ替えの手間や負担を削減した。

生産設備をモジュール化

写真は生産ラインの運ぶ機能と組み立ての機能を司る「設備モジュール(搬送モジュール)」。配線や駆動源、無線なども組み込まれているため、設備モジュールを組み合わせるだけで自動化ラインを構築することにもなる。

パレットのIDカードで個別生産

組み立てラインで室外機を載せる緑色のパレットにはそれぞれ1枚のIDカード(赤丸)を取り付けてある。IDカードに入力された製品情報に基づいて作業者や設備に作業指示や加工指示を行い、検査結果なども記録する。これにより、1個流し生産を実現する。

工場IoTのコックピットルーム

生産ラインのすぐ脇にあるガラス張りの部屋「工場IoTプロジェクトセンター」。合計6枚のディスプレーで工場内のさまざまなデータをリアルタイムで「見える化」しており、素早い改善を推進する拠点となる。

映像データも蓄積して分析

生産ラインの上部に取り付けた全方位カメラで、作業者の動きなどを映像で記録している。作業者やモノの動きと動線を分析し、これまで気づけなかった改善点を探し出す。