全0文字
PR

 QFD(品質機能展開)の進化形である「QFD-Advanced」は汎用技術との連携を特徴としています。今回は汎用技術のうち、問題発生の未然防止に関わるFMEA(Failure Mode and Effects Analysis)やDRBFM(Design Review Based on Failure Mode)との連携について、具体例を基に説明します。

 題材にする製品は、印刷機やプリンターなどで用いられている画像形成装置の「紙送りシステム」です(図1)。同システムではカセットに用紙が収納されており、そこからピックアップローラーで用紙を送り出します。送り出された用紙はフィードローラーとリバースローラーに挟まれて1枚目のみが送られ、もし用紙が重なっていた場合2枚目の用紙は戻されます。送られた1枚目の用紙はタイミングローラー部で一度停止し、印刷のタイミングに合わせて次工程に送り込みます。

図1 紙送りシステムの中央断面図
図1 紙送りシステムの中央断面図
[画像のクリックで拡大表示]

 この紙送りシステムに対してQFDを適用して整理・分析する際の基礎となる基本二元表のうち、「品質-機能」二元表を表1、「機能-設計パラメーター」二元表を表2として示しておきます。

表1 紙送りシステム:品質-機能二元表
表1 紙送りシステム:品質-機能二元表
[画像のクリックで拡大表示]
表2 紙送りシステム:機能-設計パラメーター二元表
表2 紙送りシステム:機能-設計パラメーター二元表
[画像のクリックで拡大表示]