全1657文字
PR

 前回は立体を1枚の紙に表す方法として、第三角法の基本となる考え方を紹介しました。今回は実際の図面に用いられている第三角法の詳細を紹介します。

* 第三角法
水平面と垂直面によって空間を4つに分けたときの「第3象限」を使う投影法。平面形状は上方の水平面へ、側面形状は右方の垂直面に投影する。第1象限を使う「第一角法」もあり、平面形状は下方へ、側面形状は左方へ投影する。

ガラスの箱をかぶせる

 3次元の立体形状を2次元の紙の上に表す手段として、対象物の前にガラス板を置いて、見えた通りをガラス板に描き写す、という方法を前回紹介しました。

 今回はガラス板に代えて、ガラス箱(直方体)を使ってみましょう。

(手順1)対象物にガラス箱をかぶせる(図1)。

図1 立体形状にガラスの箱をかぶせる
図1 立体形状にガラスの箱をかぶせる
(出所:西村仁)
[画像のクリックで拡大表示]

(手順2)真正面・真横・真上から見えたとおりにガラス箱の面(前面と側面、上面)に描き写す(前回図解した内容)(図2)。

図2 見えた通りをガラス箱の各面に描き込む
図2 見えた通りをガラス箱の各面に描き込む
(出所:西村仁)
[画像のクリックで拡大表示]

(手順3)ガラス箱を分解(展開)する。具体的には、前面(真正面の図)を固定し、それと接する辺を軸として側面(真横の図)と上面(真上の図)を広げる(図3)。

図3 形状を描いたガラス箱を分解(展開)する
図3 形状を描いたガラス箱を分解(展開)する
(出所:西村仁)
[画像のクリックで拡大表示]

(手順4)真正面と真横と真上の面が同じ平面になるまで広げる(図4)。

図4 ガラス箱の各面(3面)が、同一平面上になるまで広げる
図4 ガラス箱の各面(3面)が、同一平面上になるまで広げる
(出所:西村仁)
[画像のクリックで拡大表示]

(手順5)ガラス面に描かれた図をそのまま紙に写せば第三角法の図が完成する(図5)。

図5 ガラス面に描かれた図を紙に描き写す
図5 ガラス面に描かれた図を紙に描き写す
(出所:西村仁)
[画像のクリックで拡大表示]