全2985文字
PR
岡本青史 氏
岡本青史 氏
富士通研究所 フェロー 人工知能研究所 所長

人工知能(AI)を活用した新しい開発事例は増えているが、「期待外れ」「投資に見合う効果がない」といった声も出始めた。うまく活用するには、AIをどのように捉えたらよいのか。「日経クロステック ラーニング特別編」の講座「事業・研究開発をDX化へ導く失敗しないAI・データ活用」の講師である富士通研究所人工知能研究所所長の岡本青史氏に聞いた。(聞き手は近岡 裕)

多くの企業がAIに実務上の効果を期待しています。一方で、何でもAIに置き換えられるわけではないとも広く知られてきました。では、どれくらいまでの業務にAIを活用できるのでしょうか。

岡本氏:AIの活用法には2つあると思います。1つは、AIによる業務の自動化です。例えば、在庫の管理といった定型業務や株の売買のアルゴリズムに、AIは既に応用されています。

 「AI効果」という言葉をご存じでしょうか。AI研究の中で出てきた指摘で、AIを活用して何か新しいことを実現した瞬間に、「それは単なる自動化であり、AIとは関係がない」と人間が認識するという現象を指します。例えば、電卓。計算は人間の知的な作業の1つですが、10桁×10桁といった人間なら相当な時間がかかる計算でも電卓ならあっという間。でも電卓をAIと呼ぶ人はいませんよね。つまり多くの人が気づかないものの、実は裏でAIによって自動化された業務が今後どんどん増えていくと思います。

 もう1つの活用法は、「人間協調型AI」です。AIと人が協調して業務の改革などの新しい価値を生み出す使い方です。例えば、将棋です。実は人間のプロ棋士とAI(コンピューター)が将棋で対局する時代は既に終わっています。プロ棋士は今、AIを活用したコンピューター将棋を研究に使っています。AIと将棋のプロ棋士とが協調して棋力を向上しているのです。人の能力を最大限に引き出すこうした活用法が人間協調型AIの使い方です。