全2947文字
PR

自動車の電動化と自動運転機能の導入で、車載電子機器からのノイズが増える。誤作動などの原因となるノイズ対策のため、EMC(電磁両立性)に関する知識は不可欠だ。「日経クロステック ラーニング」の「車載電子機器のEMC対応設計」の講師であるクオルテックEMC研究室室長の前野剛氏に、ノイズのリスクを回避するためのポイントを聞いた。(聞き手は高市清治)

車載電子機器における「EMC」(Electromagnetic Compatibility:電磁両立性)とは何ですか。

前野 剛 氏
前野 剛 氏
クオルテック EMC研究室 室長(元 デンソー)
[画像のクリックで拡大表示]

前野氏:車載電子機器が「電磁妨害波(ノイズ)を出さず、またノイズの影響を受けず、仮に影響を受けても正常に動作する」状況です。

 最近の自動車はノイズを発する電子機器の集積です。しかも電動化が進められ、自動運転機能の導入も始まっているので、搭載される電子機器も増え、クルマの中は「ノイズだらけ」と言ってもいい状況です。トラブル回避のためにも、自動車の設計にEMC対策は必須になっています。設計者はもちろん、製造現場の関係者も基本的な知識は持っているべきでしょう。

誤作動や部品の破損もあり得る

電子機器のノイズはどのようなトラブルにつながるのでしょうか。

前野氏:分かりやすい例はラジオの通信障害です。ワイヤを伝導するノイズは電波として放射もしますから、そのノイズがラジオで受信され、雑音を発生させたり、受信中の放送波を途切らせたりもします。

 デジタルメーターの速度計が、ノイズを速度信号としてカウントしてしまい、実際の速度より速く表示する恐れもあります。古い話ですが、ノイズの影響で、エアバッグを制御している制御機器が誤動作して後部座席用のサイドエアバッグに点火。エアバッグが誤爆したという、かなり危険な事例もありました。

 このように電子制御されている機能はノイズの影響で誤作動するリスクを抱えています。エアコンやリモートキー、電動ドアなどもノイズ対策を怠れば誤作動しかねません。エンジンも電子制御されていますから要注意です。現実に、エンジン制御コンピューター内部のICのEMC対策が不適切だったために、ワイパーの操作時に発生するノイズの影響でICが破損する恐れがあると判断され、リコールになった事例さえありました。誤作動どころではありません。部品が破損する危険性さえあるのです。